" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
<< 少女 | main | 八日目の蝉 >>
死刑基準
死刑基準加茂 隆康
単行本: 357ページ
出版社: 幻冬舎 (2008/11/26)
ISBN-10: 434401586X
ISBN-13: 978-4344015869
発売日: 2008/11/26



ノンフィクションだと思い込んでた汗
妊娠中の弁護士の妻が惨殺された。逮捕されたのは我が子を殺された過去を持つ男。犯行を一貫して否認するこの男…果たして逆恨みなのか、真犯人が存在するのか。『死刑基準』というタイトルは裁判員制度が始まることも併せて考えられたのかもですね。ストーリーはいわゆるフツーの裁判モノ。弁護士は当初死刑廃止論者でしたが妻を殺害されたことで存置論者になってゆくわけです。当然です…が立場が変われば考え方も変わるということにもなる。
死刑制度は、犯罪者に対する量刑の問題としてではなく、被害者遺族の救済の問題として考えるべきなんです。死刑は、絶対排してはいけません。身内を殺された者にとっては…犯人が死刑にならない限り、殺された者は成仏できない。
という一節がありましたがまさに。償いのために犯罪者の命を絶つのではなく被害者遺族の感情としての存置論であるということ。量刑については結構考えさせられます。ましてやもしも冤罪などということになったらどうなるのか…とか。
展開も早く…まぁ面白かった。スミマセン返却期限1日過ぎてますひやひや
2009.04.03 Friday | [カ行]その他 | - | -
スポンサーサイト
2010.04.14 Wednesday | - | - | -