" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
<< 仮想儀礼〈上〉 | main | 女神記 >>
仮想儀礼〈下〉
仮想儀礼〈下〉篠田 節子

単行本: 445ページ
出版社: 新潮社 (2008/12)
ISBN-10: 4103133627
ISBN-13: 978-4103133629
発売日: 2008/12


スキャンダル続きで崩壊の一途をたどる教団。財産を失った教団の行く末は…。金儲けが目的で作り上げた神に盲信し暴走する信者たちの手で「聖泉真法会」は危険な宗教へと変貌する。「信者からも見放され無一文になって放り出される教祖」を想像した私が甘かった…スリルをたっぷり味わってください。この教祖…暴走する信者たちへの説得の言葉も尽き「おまえらには常識というものが通用しないのか」「どいつもこいつもいいかげんにしろ」と心の中で愚痴る反面、自分が作り上げてしまった虚像に盲信する信者たちをなんとか救ってやらなければと責任を感じたりもする。教祖と信者の温度差が恐怖心を煽りますね。あー面白かった。
2009.02.14 Saturday | [サ行]篠田節子 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2010.04.14 Wednesday | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









トラックバックURL
http://honsaeareba.jugem.jp/trackback/639
この記事に対するトラックバック