" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
<< 白愁のとき | main | あなたの獣 >>
つきのふね
つきのふね (角川文庫)森 絵都

文庫: 221ページ
出版社: 角川書店 (2005/11/25)
ISBN-10: 404379102X
ISBN-13: 978-4043791026
発売日: 2005/11/25


この年になると青春モノ…しかも主人公が中学生となると結構厳しいなぁなんて思いながらツラツラ読んでたら残り3分の1でみごとに…。思春期にぶち当たる自分との葛藤が切なく描かれていて思わずウルっときてしまいます。年とともに少しずつ失われる純粋な心。かつて私も持ち合わせていただろうその気持ちはまだどこかにかけらだけでも残っているだろうか。そういう思いにさせてくれる本です。
森絵都さんはやっぱ何かが違う。
これは子供向けではなく大人が読んで泣く本だったりしますね。
それと…ありがちですが手紙殺法には滅法弱いワタシです。
2009.01.25 Sunday | [マ行]森絵都 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2010.04.14 Wednesday | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









トラックバックURL
http://honsaeareba.jugem.jp/trackback/634
この記事に対するトラックバック