" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
<< 光 | main | 性犯罪被害にあうということ >>
白河夜船
白河夜船 (新潮文庫)吉本 ばなな

文庫: 194ページ
出版社: 新潮社 (2002/09)
ISBN-10: 4101359172
ISBN-13: 978-4101359175
発売日: 2002/09


久しぶりのばななさん…積読本1冊消化です。白河夜船ってコトワザなのね。いい年して知りませんでした。これは中編3篇が収録されてます。読んでいるとまわりが無音状態になるような感覚。静かにゆったりとかみしめるように読んでみるといいかもしれません。ばななさん…寺子とか水男とか登場人物の名前がかわってるね。
知ったかぶりをすること、または、ぐっすり眠り込んで、何が起こったか知らないことのたとえ。京都の白河(一説に、船の通れない谷川の名ともいう)のことを聞かれた人が、地名とは知らずに川の名と勘違いして、夜船で通ったから知らないと答えたため、京都見物に出かけたという嘘(うそ)がばれてしまった、という話に基づく。           Yahoo!百科事典より

2009.01.12 Monday | [ヤ行]よしもとばなな | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2010.04.14 Wednesday | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









トラックバックURL
http://honsaeareba.jugem.jp/trackback/631
この記事に対するトラックバック