" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
<< カラスの親指 | main | 犯罪小説家 >>
エイジハラスメント
エイジハラスメント内館 牧子

単行本: 269ページ
出版社: 幻冬舎 (2008/07)
ISBN-10: 4344015371
ISBN-13: 978-4344015371
発売日: 2008/07


内館さんといえば横綱審議委員会…最近は度重なる不祥事にご立腹されているお姿ばかりが思い出される。さて全く別モノである小説エイジハラスメントは34歳になる主婦がパート先でオバチャン扱いされてショックを受けるところから始まる主婦再生物語といったところ。設定年齢が若干若い気がするのは私だけだろうか。それともここいらが曲がり角だったのだろうか…遠い昔で思い出せない。
2008.12.07 Sunday | [ア行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2010.04.14 Wednesday | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









トラックバックURL
http://honsaeareba.jugem.jp/trackback/629
この記事に対するトラックバック