" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
<< 公園で逢いましょう。 | main | 白河夜船 >>
光三浦 しをん

単行本: 304ページ
出版社: 集英社 (2008/11/26)
言語 日本語
ISBN-10: 4087712729
ISBN-13: 978-4087712728
発売日: 2008/11/26

この季節しをんさんといえば『風が強く吹いている』なわけで…コレ同じ人が書いているとはとても思えない。閉ざされた島のすべて飲みこんだ大きな闇。生き残ってしまった人間たちの苦悩はやがて姿を変える。ひたすら押し殺す感情、連鎖してゆく暴力。ここまでどう生きてきたのか、これからどうするのか…気になってページをめくる手が逸る。共感とは違うんだけど潜在的なところに触れられたような複雑な感じ。ひた隠す感情を露見させないように生きているのが人間なのかもしれない…。フゥ〜なんか引きずるな。
2009.01.07 Wednesday | [マ行]三浦しをん | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2010.04.14 Wednesday | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









トラックバックURL
http://honsaeareba.jugem.jp/trackback/625
この記事に対するトラックバック