" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
<< どろ | main | 空中庭園 >>
闇の子供たち
闇の子供たち (幻冬舎文庫)梁 石日
文庫: 478ページ
出版社: 幻冬舎 (2004/04)
ISBN-10: 4344405145
ISBN-13: 978-4344405141
発売日: 2004/04



映画化で話題になってたので読んでみた…なんとか読了。終始衝撃的。映画で取り上げられてるのは物語の後半部分のようでそこにたどり着くまでの幼児売春・臓器売買の描写があまりにもすごい。フィクションですけどね…ホントにフィクションなのかなって。『人間にとって一番恐ろしいのは飢えでもなければ死でもないのです。一番恐ろしいのは絶望です。』この一節が頭から離れないし、あとがきには…こんなことが起こるのは『モラルが低いからでも、人権意識が希薄だからでもない。貧困こそが最大の原因だ。』と書かれていた。しばらく引きずりそう。
2008.10.07 Tuesday | [ヤ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2010.04.14 Wednesday | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









トラックバックURL
http://honsaeareba.jugem.jp/trackback/620
この記事に対するトラックバック