" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
<< なぜ君は絶望と闘えたのか | main | どろ >>
義弟
義弟永井 するみ

単行本: 339ページ
出版社: 双葉社 (2008/5/20)
ISBN-10: 4575236160
ISBN-13: 978-4575236163
発売日: 2008/5/20


久しぶりのするみさん。タイトルからしてたぶん昼メロ系だろうと思いつつ読み始めるや…どうも違う様子。「義弟」だから夫の弟あたりが登場して修羅場?などと妄想してたら…親が再婚の際にひとりずつ連れてきた子が姉弟となったわけです。血の繋がってない義姉に思いを寄せつつ成長してゆく弟。ある日義姉が遭遇した窮地を救おうと、犯罪を犯してしまうところからがこの物語の始まり。破滅的な心と義姉への思いが交錯し徐々にバランスを失ってゆく弟。2人はいったいどうなっていったのだろう…。
2008.09.13 Saturday | [ナ行]永井するみ | - | -
スポンサーサイト
2010.04.14 Wednesday | - | - | -