" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
<< 3月30日 | main | ジーン・ワルツ >>
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎

ハードカバー: 503ページ
出版社: 新潮社 (2007/11/29)
ISBN-10: 4104596035
ISBN-13: 978-4104596034
発売日: 2007/11/29


やっと読み終わり…だいぶ時間喰っちゃったなぁ。話題作なので頑張ったけど。久々の伊坂作品…相変わらず伏線があちこちに織り込まれていて、半ば強引でもよくもまぁこんなに次々にアイデアが出てくるもんだと感心。しかしグズグズ読んでるもんでパズルがハマり始めるころには「えっ!赤いスポーツカーってなんだっけ?」なんていう情けない状態。評判のわりには先が気になってやめられないってほどでもなかったかな私。伊坂アレルギーのヤツの読み方は参考にはならない。物語は殺人の濡れ衣を着せられたオトコの逃亡劇。得たいの知れない怖さがベースにあるわりに悲壮感はそれほどでもない。なのに結構人が死んでるという違和感がどうもすんなりこなかった。スミマセン。
どうせこんなに「コレってそういうことだったの」的な場面があるなら一度は死んじゃった人たちも生き返らせてあげてよって感じ。…で結局真犯人は誰なんだって話で不完全燃焼。これでさらに私の伊坂離れに拍車がかかってしまうでしょう。残念。

ちなみに気になったビートルズのゴールデン・スランバーはこんな曲↓。
2008.06.16 Monday | [ア行]伊坂幸太郎 | - | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2010.04.14 Wednesday | - | - | -
トラックバックURL
http://honsaeareba.jugem.jp/trackback/606
この記事に対するトラックバック