" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
<< 虐待の家 | main | モンスターマザー >>
そうだ、葉っぱを売ろう!
そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生横石 知二

ハードカバー: 216ページ
出版社: ソフトバンククリエイティブ; 四六版 (2007/8/23)
ISBN-10: 4797340657
ISBN-13: 978-4797340655
発売日: 2007/8/23


shortさんのオススメで早速読んでみました。わが地元民の目は節穴か…こんな元気本を新品のまま書架に放置してたようで手に取ったらまっさらでした。さて以前TVなどでもずいぶん紹介されていたので徳島県上勝町の葉っぱを売るおばあちゃんたちをご存知の方も多いはず。パソコンや携帯電話を操るおばあちゃんたちをみたときには衝撃が走りました。過疎が進む上勝町…農協の営農指導員として20歳でココにやってきた横石さんがこの「葉っぱビジネス」をみごと成功させるまでの約30年の奮闘記。ある日お寿司屋さんでつまものとして出されたもみじを見て「そうだ、葉っぱを売ろう」と思いつくわけですがこれがビジネスとして成功したのは並々ならぬ横石さんの努力があったから。理解ある妻に支えられ体をボロボロにしながらもなお楽しそうに元気に飛び回る横石さん。上勝町のおばあちゃんたちと築き上げた信頼関係は人と人との絆の大切さを教えてくれます。誰かに必要とされる喜びや働く楽しさを知り日に日に生き生きとするおばあちゃんたちが目に浮かぶよう。人は何かかしなければならないことがないとダメ。忙しいということは非常に大切なこと。「何もしなくていいよ」なんて言葉はおじいちゃんおばあちゃんにはちっとも嬉しくないのかもしれない。横石さんご自愛ください…家族のために上勝町のために。
2008.02.14 Thursday | [ヤ行]その他 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2010.04.14 Wednesday | - | - | -

この記事に対するコメント

くまま 2008/02/17 10:17 AM
私もテレビで、ネットをあやつるおばあちゃま達を見た時は、衝撃が走りました。図書館に予約中です。楽しみ!
ユミ 2008/02/17 11:01 PM
あの映像には驚かされましたよねー。
早く来るといいですね♪
ぜひ元気をもらってください。
コメントする









トラックバックURL
http://honsaeareba.jugem.jp/trackback/592
この記事に対するトラックバック