" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
<< 凍える牙 | main | 月の扉 >>
烏女
烏女海月 ルイ

単行本: 323ページ
出版社: 双葉社 (2003/12)
ISBN-10: 4575234877
ISBN-13: 978-4575234879
発売日: 2003/12

祇園のホステスたちに衣装を売り歩くバツイチ子持ちの珠緒がひょんなことから連続殺人事件の謎を追い始めてしまう…それは巷で噂の「烏女」の仕業なの?事件は複雑な人間関係とともに思わぬ展開に!スピード感もあって面白かったけど別れた旦那の登場とラストの詰めがどうも納得いかず消化不良かな。娘芽衣子とのやりとりはとても微笑ましく現役ママならではって感じでした。
2004.01.19 Monday | [ア行]海月ルイ | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2010.04.14 Wednesday | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









トラックバックURL
http://honsaeareba.jugem.jp/trackback/445
この記事に対するトラックバック