" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
<< ロック母 | main | 三面記事小説 >>
借金取りの王子
借金取りの王子垣根 涼介

単行本: 317ページ
出版社: 新潮社 (2007/09)
ISBN-10: 4104750026
ISBN-13: 978-4104750023
発売日: 2007/09


大変良かった前作君たちに明日はないの続編と聞き飛びつきました。リストラ請負会社の面接官を勤める村上真介が今回もさまざまな事情を抱える社員たちに自主退職を迫ります。気がつけばこんなワタシさえ「働くということ」を真剣に考えてるという奥深さ。時には客観的に時には自分に重ね合わせながらクールに仕事をこなす真介。多少クサイセリフも村上真介に免じて許せる…これが垣根さんの描くイイオトコ(喜)。伊良部先生のとこのマユミちゃんのように村上さんのとこの美代ちゃんも健在です。表題作『借金取りの王子』がイチバンよかったな。ハードなワイルドソウルも好きだけど…このシリーズは全く別モノでいて魅力的。両極端な垣根さん自身に興味が沸くワタシ♪
人間は、受け入れがたい現実は受け入れない。不本意な将来には目を塞ぎ、代わりに自分の都合のいい未来だけを信じる。
成功の確率を引き出すようなシビアな計算は決してしない。そのための努力もしない。ただひたすら、何の根拠もない、お気楽ご気楽な将来のイメージへ逃げ出す。
こんな愚か者がリストラ有力候補になる典型だそうです…(汗)。
2007.10.18 Thursday | [カ行]垣根涼介 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
2010.04.14 Wednesday | - | - | -

この記事に対するコメント

しんちゃん 2007/11/09 5:53 PM
大人のための読み物としては、これは凄い作品ですね。
結構リアルなんだけど、暗さを感じさせないのは上手いと思います。
それに前作よりパワーアップしていましたね。
続編がありそう?で、今後も楽しみです。
ユミ 2007/11/09 5:58 PM
ターゲットは忙殺されている働き盛りの方々でしょうか。
仕事の合間にパラパラっとすれば
わが身を振り返り初心が戻ってきそうだね。
パートの主婦でさえ大きくうなずいてましたから(笑)。
続編などといわずシリーズ化でお願いしたい♪
コメントする









トラックバックURL
http://honsaeareba.jugem.jp/trackback/343
この記事に対するトラックバック
Tracked from しんちゃんの買い物帳 at 2007/11/09 5:45 PM
タイトル : 「借金取りの王子」垣根涼介
借金取りの王子垣根 涼介 (2007/09)新潮社 この商品の詳細を見る 「美代ちゃん、じゃあ次のファイル、ちょうだい」「はーい」いつもの村上真介の呼びかけ。そして隣の川田美代子の、いつもの気の抜けた炭酸のような声音。「あ