" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
<< 建てて、いい? | main | 楽園 >>
音羽幼女殺害事件−山田みつ子の「心の闇」−
音羽幼女殺害事件―山田みつ子の「心の闇」佐木 隆三

単行本: 255ページ
出版社: 青春出版社 (2001/12)
ISBN-10: 441303306X
ISBN-13: 978-4413033060


母親と一緒に幼稚園に兄を迎えにきた2歳の若山春奈ちゃんが護国寺境内にある音羽幼稚園裏の公衆トイレで殺害された事件。逮捕されたのは春奈ちゃんの兄と同じ幼稚園に通う男の子の母親。仲の良かったはずの母親同士にいったい何が起こったのか。「お受験殺人事件」などといってTVで連日報道された印象深い事件。犯人山田みつ子は、犯行3日目僧侶である夫に付き添われて自首。犯行状況はなんの罪もない春奈ちゃんの首を絞めるという目を覆いたくなるような内容。特に尋常ではないと思わされたのはこの場面。犯行直後、山田みつ子は自分の子供を自転車の前と後ろに乗せ、さらに春奈ちゃんの遺体を入れた黒いバッグを前カゴへ…。しかしバランスを崩してそのバッグを地面に落としてしまったとき、たまたま居合わせた春奈ちゃんの母親に「春ちゃん見なかった?」と尋ねられると、口元に笑みをつくって首を左右に振り知らないと伝えたらしい。バッグの中身がばれないようにと必死だったとはいえ、とても信じられないぞっとする行動。裁判が進むにつれ山田みつ子の生い立ちや彼女自身が精神的に問題があるということもわかってはくるものの、幼い子を持つ母親同士の人間関係の難しさが分かるだけにそれだけを切り取ってしまうことはできないようにも感じる。
そしてどうも首をかしげてしまうのは僧侶である夫の証言。自分の妻が殺人を犯してしまったと知ったとき、まず聞きたいのは「どうしてそんなことになってしまったのか…」ということだと思うのだけれど「動機については、聞く気にもならない。聞いたところでどうなるものではありません」と言い放つ。宗教上の考え方の違いなのか…。こういうところにも山田みつ子の心の闇がぽっかりと見えるような気がする。人と人との関わりの難しさや脆さを痛感した本だった。
2007.09.16 Sunday | [サ行]その他 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
2010.04.14 Wednesday | - | - | -

この記事に対するコメント

くまま 2007/09/17 5:59 PM
皆、それぞれ悩みやストレスを抱えている世の中で、それを愚痴るだけでも、かなりの発散になるし、励まされたり叱咤されたりすることで、開ける道もあったりする、と思います。

どうしても抜け出せない人間関係の中にあっても、別の世界も持っていたら、ずいぶん違っていたでしょうね。

夫の証言もどうも解せません。
ユミ 2007/09/18 12:30 AM
特に子育て中の主婦は限定された人間関係の中で
がんばって生活している気がします。
別の世界は持てなくてもせめて家庭内会話が成り立っていれば…。
そう思えば思うほど残念な事件ですよね。
山田みつ子が抱えていた悩みの原点は誰にでもありえることで
それがどこへ向かってゆくのかってことなんでしょうねー。
コメントする









トラックバックURL
http://honsaeareba.jugem.jp/trackback/340
この記事に対するトラックバック
Tracked from あやの部屋 at 2007/10/04 11:34 PM
タイトル : 100万回生きたねこ
全てを通して読んで、先ず率直に、「勝手な猫だな。」と感じました。それから「恋愛以外の愛は、この本の主題ではないのかな?」とも思いました。100万回と言えば膨大な回数です。その間いろんな人に愛されていたのに(死んだ時には大泣きされるぐらいに)、この猫はそ