" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
<< 毒 Poison | main | 配達あかずきん >>
闇の底
闇の底薬丸 岳

単行本: 287ページ
出版社: 講談社 (2006/9/8)
ISBN-10: 4062135280
ISBN-13: 978-4062135283



深い闇でした。私には闇の底ははかり知ることはできなかった。性犯罪者による幼女殺害事件が起こるたびにひとりまたひとり、かつて同じ罪を犯してきた者たちが何者かに殺されてゆく。子どものころ幼い妹を同様の事件で亡くした長瀬は刑事としてまた被害者家族のひとりとしてこの事件にどう立ち向かうのか。一体犯人は誰なのか…。つらい事件の続発に寒気がしました。歪な愛はどうして生まれてしまうのかと。最後まで気を抜くことはできず一気に読めるのだけど同時に最後まで理解に苦しむ心理でもありました。もう少し温かみが欲しかった気がします。しかしあの終わり方はどうなんだろ…。意図的なんだろうなきっと。
2006.11.17 Friday | [ヤ行]薬丸岳 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2010.04.14 Wednesday | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









トラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック