" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
あなたの獣
あなたの獣井上 荒野

単行本: 213ページ
出版社: 角川グループパブリッシング (2008/11/29)
ISBN-10: 4048739018
ISBN-13: 978-4048739016
発売日: 2008/11/29


なにやら変わった連鎖短編でした。主人公のはずの櫻田哲生というオトコ。かかわるオンナの気持ちが全く理解できない奇妙なオトコ。輪郭がみえて来ず漂うように生きているヤツなのに気味が悪いほど1人のオンナに執着する。これが櫻田の中の「獣」なのか。読解力不足だよな…きっと。不思議な本でした…井上さんは何を書きたかったんだろ。
2009.01.31 Saturday | [ア行]井上荒野 | comments(0) | trackbacks(0)
切羽へ
切羽へ井上 荒野

単行本: 204ページ
出版社: 新潮社 (2008/05)
ISBN-10: 4104731021
ISBN-13: 978-4104731022
発売日: 2008/05


長崎の島が舞台。夫の故郷に程近く島の言葉に馴染みがありすぎて人よりもずっと思いを入れて読めてる気はする。
夫と幸せに静かに暮らす小学校の養護教諭のセイ。本土からきた新任の教師石和への思いが徐々に募る。不倫でもなくましてや恋愛でもない…セイ本人の気持ちも定かでないという切ない思いが切々と描かれてます。どうしたらよいか分からないというセイの戸惑いが美しく妙にリアルでした。表題も「セッパヘ」だと思ってたら「キリハヘ」だった。
トンネルを掘っていくいちばん先を、切羽と言うとよ。トンネルがつながってしまえば、切羽はなくなってしまうとばってん、掘り続けている間は、いつも、いちばん先が、切羽。
らしいです。読んでる途中で直木賞決定でした…他の本は未読なのでなんともですが万人受けする本ではない気がします。私は『ベーコン』の方が好きだけどコレはコレで読んでよかったなと。
2008.07.20 Sunday | [ア行]井上荒野 | - | -
夜を着る
夜を着る井上 荒野

単行本: 186ページ
出版社: 文藝春秋 (2008/02)
ISBN-10: 4163267506
ISBN-13: 978-4163267500
発売日: 2008/02


1篇20ページ足らずの短編8篇。いろいろな事情を抱えた主人公たちが小さな旅に出ます。底にある心情が短い物語のなかで繊細に描かれてます。コチラがまだ考えあぐねているうちに終わってしまう旅…物足りなさ感が逆に余韻を残しますね。あとがきも興味深く井上さんの「少しこわい」という旅感みたいなものに妙に共感しました。
2008.03.14 Friday | [ア行]井上荒野 | comments(0) | trackbacks(0)
ベーコン
ベーコン井上 荒野

単行本: 205ページ
出版社: 集英社 (2007/10)
ISBN-10: 408774891X
ISBN-13: 978-4087748918
発売日: 2007/10


イノウエ・アレノさんとお読みするんですね。直木賞候補作じゃなかったら多分手にしてなかった作家さん。『ベーコン』もよかったし同年代という親近感も手伝って興味深々…著書を遡って読んでみたい。さてこの作品は9つのメニューそれぞれにまつわる人間模様や複雑な思いが綴られている短編集。人間食べることが基本…誰にでも1つや2つ「これは忘れられない」という食べ物があるはず。この作品はそれがかなり大人テイストで綴られてます。9つのメニューはどれも美味しそう♪「ほうとう」も小麦粉から…だし「水餃子」の皮も手作り…アレノさんはきっとお料理をバリバリなさる方とお見受けしました。イチバン食べたいのは「アイリッシュ・シチュー」かな。「ベーコン」も捨てがたい…自家製の燻製は相当美味しいらしいですから。というわけで食いしん坊な大人の方にオススメ。
2008.02.06 Wednesday | [ア行]井上荒野 | comments(0) | trackbacks(0)