" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
追伸
追伸真保 裕一

単行本: 271ページ
出版社: 文藝春秋 (2007/09)
ISBN-10: 4163262806
ISBN-13: 978-4163262802
発売日: 2007/09


タイトルが意味深でなんとなく惹かれるものがあったので久しぶりに手にした真保作品。「エェーこのまま手紙だけで終わるの?」と思ってたらホントに全編手紙のやりとりのみで構成されてる変り種。コレってホントに真保さん?って感じ。ギリシャに単身赴任した夫に突然届いた妻からの手紙と離婚届。この二人の行く末はどうなるのかと少々不自然な手紙のやりとりを読み進めると物語は妻の祖父母の過去に遡ります。あの時代のある女性の生き様としては読み応えはありました。…で元来手紙が持ってる魅力も改めて感じたものの離婚間近の夫婦が延々と手紙で語り合うという状況に違和感を持ってしまったかな。時代背景的にも好きそうなので即行母に持って行きました(汗)。
2007.11.26 Monday | [サ行]真保裕一 | comments(2) | trackbacks(1)
奪取
奪取真保 裕一

単行本: 524ページ
出版社: 講談社 (1996/08)
ISBN-10: 4062082829
ISBN-13: 978-4062082822
発売日: 1996/08

友人がやくざにはめられ多額の借金返済を迫られたからさぁタイヘン…道郎は偽札作りに立ち上がる!真似するヤツが必ず出てくるぞってほど詳しいのには脱帽〜真保さんお得意の専門用語炸裂でした^^;。しっかし1万円札をこうもまじまじと見たのは生まれて初めて♪ラストシーンはルパン3世さながらの痛快活劇。頭ン中はチャッチャラッチャ〜チャァチャッチャ〜♪とテーマソングが流れちゃってました。
2003.12.27 Saturday | [サ行]真保裕一 | comments(0) | trackbacks(0)
繋がれた明日
繋がれた明日真保 裕一

単行本: 424ページ
出版社: 朝日新聞社 (2003/5/17)
ISBN-10: 4022578386
ISBN-13: 978-4022578389
発売日: 2003/5/17

未成年の隆太は誤って殺人を犯してしまったが仮釈放となった…世間の風当たりは厳しく次々に起こる嫌がらせや誤解。理解ある保護司との出会いもあり終始犯した罪の重さを自分に問い続ける加害者自身の更生物語…だけど乱立するこの手の物語だけにもうひとひねり欲しかったかなぁ〜『手紙』同様感情移入できず残念。
2003.11.22 Saturday | [サ行]真保裕一 | comments(0) | trackbacks(0)
ダイスをころがせ!
ダイスをころがせ!真保 裕一

単行本: 459ページ
出版社: 毎日新聞社 (2002/01)
ISBN-10: 4620106542
ISBN-13: 978-4620106540
発売日: 2002/01

ミステリーのニオイは微塵もなく選挙一色のお話。クリーンな選挙と政治への理想的な取り組み!殺しがありゃいいってもんじゃぁないけれど…物足りなかったり…考えさせられたり…でちょいと時間がかかってしまった。
2002.03.22 Friday | [サ行]真保裕一 | comments(0) | trackbacks(0)