" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
虚夢
虚夢薬丸 岳

単行本: 323ページ
出版社: 講談社 (2008/5/23)
ISBN-10: 4062147416
ISBN-13: 978-4062147415
発売日: 2008/5/23


冒頭からショッキングで…先を読むのがためらわれる。突然愛娘の命を奪った犯人に夫婦の運命は大きく狂わされる。殺人事件が起こるたびにセットのようにくついてくる「精神鑑定」。心神喪失状態での犯罪は責任能力はないと判断されるのだ。いったい被害者家族の気持ちはどこにもっていけばよいのか。テーマはめずらしくないが読み応えのある物語だった。


2008.08.14 Thursday | [ヤ行]薬丸岳 | - | -
闇の底
闇の底薬丸 岳

単行本: 287ページ
出版社: 講談社 (2006/9/8)
ISBN-10: 4062135280
ISBN-13: 978-4062135283



深い闇でした。私には闇の底ははかり知ることはできなかった。性犯罪者による幼女殺害事件が起こるたびにひとりまたひとり、かつて同じ罪を犯してきた者たちが何者かに殺されてゆく。子どものころ幼い妹を同様の事件で亡くした長瀬は刑事としてまた被害者家族のひとりとしてこの事件にどう立ち向かうのか。一体犯人は誰なのか…。つらい事件の続発に寒気がしました。歪な愛はどうして生まれてしまうのかと。最後まで気を抜くことはできず一気に読めるのだけど同時に最後まで理解に苦しむ心理でもありました。もう少し温かみが欲しかった気がします。しかしあの終わり方はどうなんだろ…。意図的なんだろうなきっと。
2006.11.17 Friday | [ヤ行]薬丸岳 | comments(0) | trackbacks(0)
天使のナイフ
天使のナイフ薬丸 岳

単行本: 350ページ
出版社: 講談社 (2005/08)
ISBN-10: 4062130556
ISBN-13: 978-4062130554



濃厚で上質なミステリー。最近よくある犯罪被害者家族の嘆き悲しみや加害者の苦悩を描いた痛いだけの「少年犯罪モノ」ではなくミステリーとしてのストーリー展開を十分楽しませてもらった。とにかく先が気になり出すと一気に読まざるを得なくなる引力。少年たちが未熟がゆえに起こしてしまった犯罪のその後…大切な人を失った主人公が努めて冷静に…そして真っ向から立ち向かう。贖罪という言葉の意味も深く考えさせられた。
2005.11.17 Thursday | [ヤ行]薬丸岳 | comments(0) | trackbacks(0)