" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
震度0
震度0横山 秀夫

単行本: 410ページ
出版社: 朝日新聞社 (2005/7/15)
ISBN-10: 4022500417
ISBN-13: 978-4022500410



阪神大震災で日本中がまさに激震のとき…N県警本部のひとりの男が失踪。いったい不破課長はどこにいるのか…。N県警トップ陣は保身と出世のために腹の探り合いを繰り返す。横山さんの警察小説もここまできたか〜という感じ。これはだいぶ向いてる方向が違いますね。ワケが分からなくなるくらい登場人物がいるのに誰も好きになれなかったのがねぇ。あえてそう描いてるのか…横山さん。官舎での奥様たちのやりとりは今までにはなくドラマチックで主婦の目線からは面白い。でもやっぱ横山ワールドには無骨だけど一本筋が通ってる的な人物がひとりいてくれないと…。背景にある阪神大震災は必要だったのかなぁ。それどころじゃないってほど自己中な面々だという意味なんだろうが…あまりにも軽視してる感が否めずちょっと引くところはありましたね。かなり引き込まれますけど読後感はどんより。小説とはいえ不安になります…大丈夫か日本。
2006.02.05 Sunday | [ヤ行]横山秀夫 | comments(0) | trackbacks(0)
ルパンの消息
ルパンの消息横山 秀夫

新書: 331ページ
出版社: 光文社 (2005/5/20)
ISBN-10: 4334076106
ISBN-13: 978-4334076108



ずいぶん長いことかかっちゃいましたー(汗)。まずはタイトルが魅力的♪サントリーミステリー大賞佳作を受賞したにもかかわらず未刊行のまま15年。作者の幻の作品はこの事件と同様15年間静かに眠っていたのでしょうか。15年前ある高校で起きた美人教師の自殺…実は殺人事件だったというたれ込み…しかも犯人は教え子である落ちこぼれ男子高校生3人組?!ルパン作戦決行のあの夜…学校で一体何があったのか!時効までの「1日」…取調室で3人はそれぞれの青春の日々をどんな思いで蘇えらせたのか。横山作品に登場する犯罪の数々にはいつもやむにやまれぬ事情が絡んでいるんですよ。彼の原点であるこの作品にも忘れかけていた青春時代の思いが切なく響きます。最後はたたみ掛けるようなスピード…そして次々と波がやってきます。久しぶりに推理小説の醍醐味を味わいました。楽しんでください。そしてふら〜っとバーチャル喫茶ルパンへ行ってみませんか?
2005.06.29 Wednesday | [ヤ行]横山秀夫 | comments(0) | trackbacks(0)
影踏み
影踏み横山 秀夫

単行本: 328ページ
出版社: 祥伝社 (2003/11)
ISBN-10: 439663238X
ISBN-13: 978-4396632380
発売日: 2003/11

双子の弟・啓二の命を奪った火事は主人公の心の闇となる。死んだはずの弟が主人公の内耳に存在するという非現実的な感じが横山さんっぽくない。新しい一面を見たって気もするけど全体的に暗く負の感情ばかりが目立ってたかなぁ?もう少し踏み込んだ人物設定があれば感情移入度がアップしたかも。だって何で泥棒なんだろ?主人公のぶっきらぼうな物言いも最後まで馴染めなかったような^^;。双子の方が読むとどうなんだろ?
2004.06.30 Wednesday | [ヤ行]横山秀夫 | comments(0) | trackbacks(0)
看守眼
看守眼横山 秀夫

単行本: 281ページ
出版社: 新潮社 (2004/1/16)
ISBN-10: 4104654019
ISBN-13: 978-4104654017
発売日: 2004/1/16

看守・フリーライター・調停委員・警察官・記者・秘書を主人公にした6篇からなる短編集。どれも表舞台からは一歩下がった人たちが主役となっています。保身から生まれる猜疑心や焦りからくるねたみ…微妙な立場に立たされるがゆえの不安定な心。それぞれの心理描写が細やかに描かれています。横山さんの短編はサクサクいけます。
2004.05.31 Monday | [ヤ行]横山秀夫 | comments(0) | trackbacks(0)
クライマーズ・ハイ
クライマーズ・ハイ横山 秀夫

単行本: 421ページ
出版社: 文藝春秋 (2003/8/21)
ISBN-10: 4163220909
ISBN-13: 978-4163220901
発売日: 2003/8/21

1980年8月12日御巣鷹山に日航機が墜落…未曾有の航空機事故は520人の犠牲者を出した。地元新聞社のあるべき姿…どう伝えるべきかを模索する主人公。不器用で狡さや弱さも抱えながら人生をまさに登ってゆく彼にコチラまで力が入る^^;。かつては温かい母を追い求めた彼の家族に対する思いや仲間や部下たちへの秘めたる思いは熱く伝わる(泣)!
2003.09.27 Saturday | [ヤ行]横山秀夫 | comments(0) | trackbacks(0)
第三の時効
第三の時効横山 秀夫

単行本: 324ページ
出版社: 集英社 (2003/02)
ISBN-10: 4087746305
ISBN-13: 978-4087746303
発売日: 2003/02

コレだけ凝った警察ネタを書かれると…この世の中次から次へと休みなく殺人事件が起こっているんだなぁとフィクションながらコワクなる。F県警捜査第一課内の確執をベースに連鎖短編6篇。それぞれの捜査班の班長のキャラがたっていたのはよかったなぁ。表題『第三の時効』の楠見班長の生い立ちをもう少し知りたかったかも。
2003.08.24 Sunday | [ヤ行]横山秀夫 | comments(0) | trackbacks(0)
真相
真相横山 秀夫

単行本: 291ページ
出版社: 双葉社 (2003/05)
ISBN-10: 4575234613
ISBN-13: 978-4575234619
発売日: 2003/05

十八番の警察小説ではない短編5篇。嘘をついたり隠したりしたってどんなことにも『真相』というのは必ずあるわけで…「知らない」ということの幸せと「知らない」という不幸が共存してるなぁと感じました。『18番ホール』については商売柄^^;リアルでしたね。後ろめたさからくる疑心暗鬼…瞬時の判断が人生を台無しにすることもあるのです。

2003.07.23 Wednesday | [ヤ行]横山秀夫 | comments(0) | trackbacks(0)
深追い
深追い横山 秀夫

単行本: 312ページ
出版社: 実業之日本社 (2002/12)
ISBN-10: 4408534307
ISBN-13: 978-4408534305
発売日: 2002/12

表題『深追い』を含めて警察官もの7篇の短編集。それぞれある事情を抱える登場人物に思わず「あ〜それでこんなことに…」と言ってあげたくなるような…そんな物語ばかり。特に『又聞き』と『人ごと』は切なく響いた。
2003.06.25 Wednesday | [ヤ行]横山秀夫 | comments(0) | trackbacks(0)
顔 FACE
顔 FACE横山 秀夫

単行本: 285ページ
出版社: 徳間書店 (2002/10)
ISBN-10: 4198615861
ISBN-13: 978-4198615864
発売日: 2002/10

『陰の季節』3篇目の『黒い線』で失踪騒ぎを起こした似顔絵担当平野瑞穂がらみの短編集。トラブルメーカーといわれながらもキラリと冴えてる婦警さん…共感部分は少ないながらも警察の裏側(銀行強盗訓練や記者発表対策)は興味深く読めたかなぁ。連ドラに起用されたけど…どうなの?私は映像化全般に拒絶傾向ありなので。
2003.05.13 Tuesday | [ヤ行]横山秀夫 | comments(0) | trackbacks(0)
動機
動機横山 秀夫

単行本: 290ページ
出版社: 文藝春秋 (2000/10)
ISBN-10: 416319570X
ISBN-13: 978-4163195704
発売日: 2000/10

『動機』・『逆転の夏』・『ネタ元』・『密室の人』の4篇。この作品は警察ネタは『動機』だけ。『逆転の夏』はグイグイと引き込まれ…加害者・被害者それぞれの立場について考えさせられた。『密室の人』は感情を表に出せない人の心がひんやりと伝わってくる感じ…私はコレが好きかな?
2003.05.11 Sunday | [ヤ行]横山秀夫 | comments(0) | trackbacks(0)