" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
どろ
どろ (小学館文庫)山本 甲士

文庫: 365ページ
出版社: 小学館 (2004/11)
ISBN-10: 4094080309
ISBN-13: 978-4094080308
発売日: 2004/11


どこにでもあるご近所付き合いのトラブル。発端は飼い犬が繋がれてる鎖の音と敷地に伸びた雑草。闘うのは仕事のストレスを抱える旦那同士…家族や職場を巻き込んで引くに引けなくなったエスカレートぶりには呆れて笑ってしまう。実際問題としては笑いごとではなく家選びの最大の難関はご近所といっても過言じゃないはず。現在の環境に感謝しつつ…大きな心を持ってトラブルは回避しなければと思いましたデス(笑)。
2008.09.23 Tuesday | [ヤ行]山本甲士 | - | -
わらの人
わらの人山本 甲士

単行本: 331ページ
出版社: 文藝春秋 (2006/11)
ISBN-10: 4163254803
ISBN-13: 978-4163254807



床屋さんが川にぷかぷか浮いている絵本のような表紙がいい味を出している。なりゆきで入った理髪店。女主人のおしゃべりとマッサージでウトウトしていたら…な・なんと髪型がとんでもないことに。髪型だけじゃない!自分の性格が変わったのか、人の見る目が変わったのか…にわかに周囲が変化しはじめる。背中をポンと押されるような、潜在意識が引き出されていくような出来事が6篇。特に面白かったのは〈犬の巻〉。読後感はかなり痛快!スカーッとしてください。

続きを読む >>
2007.05.25 Friday | [ヤ行]山本甲士 | comments(4) | trackbacks(0)
かび
かび山本 甲士

単行本: 349ページ
出版社: 小学館 (2003/05)
ISBN-10: 4093874379
ISBN-13: 978-4093874373


実年齢に逆行し青春路線を突っ走ってまいりましたがそろそろ息切れしてきました(笑)。で負のエネルギーがプンプンする本が恋しくなるんですねー。地元大企業に勤める働き盛りの夫が勤務中,突然脳梗塞で倒れる。復帰が危うい夫を退職に追い込もうとする会社に妻が真っ向勝負!「泣き寝入りするものか!思い通りにはさせないぞ!!」しかし別に夫への愛がそうさせているのではないのだ。「世の中の筋違いなヤツらが許せない!」という世直し的な思いにつき動かされるところが好きである。逸脱しながらも次から次へと大きな企業にたったひとり挑んでゆくさまはスゴイ。が「何もそこまで…まあまあ少し落ち着きなさいよ」と肩をたたいてあげたくなる。まっ…やり方はともかくとして^^;主人公は弱者の代表として思いっきり鬱憤晴らしをしてくれたのだ。しかし最後まで気になるのは幼稚園に通うひとり娘の存在(-.-)。「巻き込まれ型小説」とされている山本さんの「どろ」⇒「かび」⇒「とげ」は三部作のよう…もちろん読みますよー!それにしても作者は男性ですよ。主婦特有の辛さや怒りを鋭く描いてらっしゃるのでビックリ。主人公の随所に出てくる関西弁の暴言が良きにつけ悪しきにつけスパイスになっとります。読後感はそっちのけで一気に落ちたい方にはオススメ。
2005.09.08 Thursday | [ヤ行]山本甲士 | comments(0) | trackbacks(0)