" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
現実入門
現実入門穂村 弘

単行本: 245ページ
出版社: 光文社 (2005/3/23)
ISBN-10: 4334974775
ISBN-13: 978-4334974770



「ほんとにみんなこんなことを?」『小説宝石』の2003/4月号〜2005/2月号に掲載された「ふるふる初体験」をまとめたもの。自称「経験値の低い」穂村さんが光文社の女性編集者サクマさんとともに次々と未知の世界に足を踏み入れる初体験エッセイ。苦手なことにぶつかるとつい考え過ぎてしまう穂村さんが献血・モデルルーム見学・占い・競馬等々にそーっとチャレンジする様子は実に微笑ましい(『一日お父さん』『夢のマス席』でだいぶ吹く…)。穂村さんだけじゃない!知ってるようで知らないこと…結構あったりするんじゃないだろうか。最後のお話はホントなのかな?ホントだったら…お後がよろしいようで♪
続きを読む >>
2006.02.22 Wednesday | [ハ行]穂村弘 | comments(0) | trackbacks(0)
本当はちがうんだ日記
本当はちがうんだ日記穂村 弘

単行本: 205ページ
出版社: 集英社 (2005/06)
ISBN-10: 4087747662
ISBN-13: 978-4087747669



ななさんの感想があまりにも楽しそうだったのでエッセイ苦手の私も思わず穂村作品に初挑戦。何枚付箋を使ったことやら(ツボ箇所には付箋を貼り貼り読むクセがある)。こんなエッセイならいくらでも読みましょう!実に楽しいひと時でした。なんといっても穂村氏と私の時代背景がバッチリ同じであることがすばらしい効果をもたらしています(嬉)。そして「似てるかも」と思わせる箇所がそここに。馬鹿的思考硝子人間の頃などもかなり。
ネタバレになっちゃいますが…
続きを読む >>
2006.02.14 Tuesday | [ハ行]穂村弘 | comments(0) | trackbacks(0)