" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
家日和
家日和奥田 英朗

単行本: 235ページ
出版社: 集英社 (2007/04)
ISBN-10: 4087748529
ISBN-13: 978-4087748529



あー面白かった〜奥田さんがやっぱり好きだ。絶対イイ人・・・会いたい作家癸院「そうそう分かる分かる」的箇所に印す付箋の数が今回もスゴイ。『家日和』というタイトルまんま、家にいながらにしてのそれぞれのドラマ。中年のささやかな願望も織り交ぜていただき十二分に楽しませていただきました。観察力は相変わらず天下一品!1篇目の『サニーデイ』はインターネット・オークションにハマってゆく主婦が主人公。思わず「もしかして私のこと見てた?」とドキリ(だって沢田研二のコンサートパンフ出品しましたよワタシ)。『家においでよ』は妻が出て行ったマンションを自分テイストにしてゆくサラリーマン。ウチには夫の居場所がはたしてあるだろうかと考えてみる。『グレープフルーツ・モンスター』は内職発注元の担当者にいつの間にかときめいてしまう主婦。ドキドキ環境激減しますからね主婦は。でも最後の『妻と玄米御飯』がサイコーです。とにかくオススメ!「おなら」話がちょこちょこ出てくるのも『在宅』というテーマならではで微笑ましい。ちょっと控えめで妻を立てることを忘れない旦那衆を随所に登場させたのは・・・高感度アップですね。全篇通して気づいたのは夫への感謝の気持ちが足りない自分ですかね(笑)。知らず知らずこうして神妙な気持ちになれたのは奥田マジックかもしれません。
2007.06.07 Thursday | [ア行]奥田英朗 | comments(2) | trackbacks(1)
町長選挙
町長選挙奥田 英朗

単行本: 258ページ
出版社: 文藝春秋 (2006/04)
ISBN-10: 4163247807
ISBN-13: 978-4163247809



待ちに待った伊良部先生。夫がグズグズ読んでる隙を見てさっさと読了。あ〜面白かった。奥田さーんこんなに書いちゃって大丈夫?とハラハラしてしまうリアルさ。多分あの大物オーナー、きっとあの元IT社長、おそらくあのカリスマ女優と容易に思い浮かぶ登場人物。やることなすことありえない…のに何気ない一言が患者の心を癒す天才精神科医。ハチャメチャぶりは健在ですが今回は患者さんのキャラが濃かったですかね。でもこれはこれで私は好きです。特にオーナーの落としどころなんてさすがです。伊良部先生が誰かれかまわず浴びせる失礼な言葉の数々はTVを見てる側の自分のような気もしたりして(笑)。本人に直に言っちゃう伊良部先生…腹ン中にはなーんにもないんだろーなー。うらやましい…ある意味この人健全だなと思うんですよね。次回作もまた期待です。
2006.05.02 Tuesday | [ア行]奥田英朗 | comments(0) | trackbacks(0)
ガール
ガール奥田 英朗

単行本: 256ページ
出版社: 講談社 (2006/1/21)
ISBN-10: 4062132893
ISBN-13: 978-4062132893



30代OL稼業…障害物は多々あるけれどたくましく生きてゆくキャリアガールたちの短編5篇。上司に怒られたとしても大目に見られたあの時代。どこへ行ってもおじさんたちからちやほやされたあの頃。栄光を振り返っては生きてゆけない!現実を見つめるおねいさんたちの頑張りが涙ぐましくもあり微笑ましくもあり…。東京物語「手で口を隠しながら笑っていたはずなのにいつの間にか笑うときは手を叩くようになってしまった…」というクダリに思わず吹いたりして(笑)。奥田さんよくご覧になってらっしゃる。次回作はぜひ40代パート編をお願いしたい!…でいつもの装丁チェックですがコレは図書館に本をとりに行ったとたん「ワォ!すってきー♪」とノックアウトされました。装画はノグチユミコさん。私の大好きなタイプのイラストレーターさん。ちなみに奥田さんの東京物語の装画も描いてらっしゃいます。そしてあの…
続きを読む >>
2006.02.13 Monday | [ア行]奥田英朗 | comments(0) | trackbacks(0)
ララピポ
ララピポ奥田 英朗

単行本: 286ページ
出版社: 幻冬舎 (2005/09)
ISBN-10: 4344010515
ISBN-13: 978-4344010512



帯には「最新爆笑小説、誕生!いや〜ん、お下劣。※紳士淑女のみなさまにはお勧めできません。(作者)」とあります。確かにエロエロです。しかしさすが奥田さんブラックが効いてなかなか面白かったです。あそこまでお下劣小説にしなくっても十分いけたんじゃないかと思うんですけどね。そこらへんに放置しておいて子供たちにでも見られた日にゃタイヘン!「お母さん…なんちゅうエロい本を読んでるんだー」と引かれちゃうので取り扱いには十分注意しました。でも奥田ファンとしてはとりあえず読んどかないと(笑)。

2005.11.23 Wednesday | [ア行]奥田英朗 | comments(0) | trackbacks(0)
空中ブランコ
空中ブランコ奥田 英朗

単行本: 265ページ
出版社: 文藝春秋 (2004/4/24)
ISBN-10: 4163228705
ISBN-13: 978-4163228709
発売日: 2004/4/24

愛すべき精神科医伊良部先生再度登場!!。「ありえない^^;」と思いながらもじわじわと入り込んでしまう奇妙な伊良部ワールド・・・気がつけば完治している患者さんたち。ハチャメチャにして癒し系の特異体質→「病は気から」を実証してくれる伊良部先生…看護婦マユミの絶妙なキャラも健在。爽快な読後感…足取りまで軽くなる一冊♪
2004.05.26 Wednesday | [ア行]奥田英朗 | comments(0) | trackbacks(0)
真夜中のマーチ
真夜中のマーチ奥田 英朗

単行本: 305ページ
出版社: 集英社 (2003/10)
ISBN-10: 4087746666
ISBN-13: 978-4087746662
発売日: 2003/10

あやしい会社ビバップ社長…JAZZをこよなく愛すヨコケン。一流企業三田物産に勤務する冴えない男ミタゾウ。クールで美人…強欲な父を陥れようとするクロチェ。同い年3人組が大胆にも10億円強奪を計画!まるで映像が見えてくるかのようなリアルでコミカルな描写はまさに奥田ワールド♪さて結末はいかに!ラストにクロチェさんミタゾウ宛に「また招集をかけるからね」と手紙を書いてましたね…ってことは?
2003.11.07 Friday | [ア行]奥田英朗 | comments(0) | trackbacks(0)
最悪
最悪奥田 英朗

単行本: 397ページ
出版社: 講談社 (1999/02)
ISBN-10: 4062092980
ISBN-13: 978-4062092982
発売日: 1999/02

悲壮感いっぱいの最悪な状況を抱えた人たちが次々に登場。さていったい主人公は誰なのか…何処で接点が生じるのかと思いを巡らせながら少々長過ぎるフリをじ〜っと我慢!思わず「ウソ!」と言いたくなる場面でやっと合体。終始臨場感たっぷり…今度こそみんな幸せになって欲しいヮ。
2003.07.06 Sunday | [ア行]奥田英朗 | comments(0) | trackbacks(0)
イン・ザ・プール
イン・ザ・プール奥田 英朗

単行本: 269ページ
出版社: 文藝春秋 (2002/05)
ISBN-10: 416320900X
ISBN-13: 978-4163209005
発売日: 2002/05

「伊良部総合病院」の地下にある神経科にやってきた病んだ5人のお話。医学博士・伊良部一郎が治療に当たる…憎みきれない天然キャラである♪小さなことで一年中病んでいる私も一度彼に診てもらいたいと思ってしまった。不思議なことにみんな快方にむかうからおかしい。最後の『いてもたっても』は自分と重なってちょっと怖くなった…。伊良部先生はシリーズ化して欲しいな♪
2003.06.20 Friday | [ア行]奥田英朗 | comments(0) | trackbacks(0)
マドンナ
マドンナ奥田 英朗

単行本: 274ページ
出版社: 講談社 (2002/10)
ISBN-10: 4062114852
ISBN-13: 978-4062114851
発売日: 2002/10

中間管理職の男たちの悲しいサガ…5篇。人事異動でやってきた女の子に片思いしてみたり、息子がダンサー志望だと知り右往左往してみたり…なかでも『総務と女房』の奥さんには妙に共感。
2003.02.10 Monday | [ア行]奥田英朗 | comments(0) | trackbacks(0)
邪魔
邪魔奥田 英朗

単行本: 454ページ
出版社: 講談社 (2001/04)
ISBN-10: 4062097966
ISBN-13: 978-4062097963
発売日: 2001/04

「夫が放火?」という疑念を抱えた主婦は今まで築きあげてきたものが音をたてて崩れていくのを黙って見ているわけにはいかなかった。幼い頃はよかった…大人に守ってもらえばよかったのだから。「同じ立場にたたされたら」と思わず自分の身に置き換えながら読んでいた。作者は本当に男性?と疑いたくなるほど主婦の心理描写がすばらしい。面白かった♪

2002.04.13 Saturday | [ア行]奥田英朗 | comments(0) | trackbacks(0)