" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
夜の公園
夜の公園川上 弘美

単行本: 240ページ
出版社: 中央公論新社 (2006/4/22)
ISBN-10: 4120037207
ISBN-13: 978-4120037207



どう書けばよいのやら難しいです。文学的恋愛小説というのかな。でもこれぞ川上ワールドなんでしょうね。とても苦手です…苦手なのに最後まで読んじゃいました。自分が夫のことを好きじゃないと思うリリ⇒リリの夫が好きなリリの親友春名⇒リリと深夜の公園で出会いリリにこがれる暁…こうして人間関係が連鎖してゆきます。まるで昼メロのように。終始何かシンとした空気が張りつめてるのはなんだろう。それぞれが自分でもうまく説明しきれない心の内側がとても丁寧な言葉で描かれている気がします。作家さんってすごいなって改めて思ったりして。こんな風に丁寧に丁寧に自分のことを考えてみたらどうだろう。人の気持ちって何なんだろう。切なさが尾を引く物語です。
2006.06.01 Thursday | [カ行]川上弘美 | comments(0) | trackbacks(0)
古道具 中野商店
古道具 中野商店川上 弘美

単行本: 277ページ
出版社: 新潮社 (2005/4/1)
ISBN-10: 410441204X
ISBN-13: 978-4104412044



苦手感のある川上さん…あまりの評判と素敵な装丁に惹かれ再チャレンジ。そして見事克服!コレは文句なしです。
古道具屋店主の中野さんと姉のマサヨさん…それにお店で働くヒトミとタケオ。つかみどころのない4人の関係と淡々と過ぎる毎日がとても繊細に綴られてゆくきます。川上さんの丁寧過ぎるくらいの絶妙な描写がとても心地よい。それは例えば中野さんのオンナのことだったりマサヨさんの恋愛感だったり。なぜか惹かれてしまうタケオの一挙手一投足に一喜一憂するヒトミのじれったい恋心だったり。それとね…カギカッコ(「」)の外に続く会話がやけに響いてきたりして。読んでた時間がなんだかとてもイイ空間だったと思える本。
続きを読む >>
2005.10.04 Tuesday | [カ行]川上弘美 | comments(0) | trackbacks(0)
センセイの鞄
センセイの鞄川上 弘美

単行本: 277ページ
出版社: 平凡社 (2001/06)
ISBN-10: 4582829619
ISBN-13: 978-4582829617
発売日: 2001/06

終始ゆったりとした時間が流れている本でした。不思議な温かみを放つセンセイの言葉がなかなか魅力的。川上さんは初読みでしたが,もしこの独特なテンポが「コレぞ川上弘美さん!」と言われているのであれば…次の作品はしばらく先になるかも。
2005.03.16 Wednesday | [カ行]川上弘美 | comments(0) | trackbacks(0)