" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
温室デイズ
温室デイズ瀬尾 まいこ

単行本: 203ページ
出版社: 角川書店 (2006/07)
ISBN-10: 4048735837
ISBN-13: 978-4048735834



瀬尾さんらしいソフトな装丁を開くと一転、冒頭の一節から波乱の予感。今回はかなり重かったです。いじめられても耐え続けるみちるとそれを見ていられず別室登校する優子。「このままじゃいけない」と思う気持ちは一緒なのに戦い方の違うふたり。それぞれの葛藤が描かれてます。現実にあんなヒドイことが起こっているのだろうか。瀬尾さんは現場でこれと似たようなことを体験したのだろうか。いじめの描写はイヤですね。ほころびは見つけたらすぐ繕わなければどんどん大きくなってしまうのに見てみぬ振りをする教師、子供を全然わかってない親。大人たちの無力さに寒気がしました。どんなに問題提起されてもなくならないいじめ。やりたい放題の子供たちにとって中学校なんて親なんてチョロいんですよ。まさに『温室』。現役中学生はこれ読んで何を感じるのだろう。ウチにもひとりいるぞ…読ませてみるか。
続きを読む >>
2006.08.13 Sunday | [サ行]瀬尾まいこ | comments(0) | trackbacks(0)
強運の持ち主
強運の持ち主瀬尾 まいこ

単行本: 224ページ
出版社: 文芸春秋 (2006/05)
ISBN-10: 4163249001
ISBN-13: 978-4163249001



瀬尾さんの新作。ひとりが気楽…とOLを辞めてショッピングセンターの片隅で占いを始めたルイーズ吉田。そこへやってくるさまざまな人たちとの物語4編。そこへ重なる一緒に住む強運の持ち主通彦への想い。少しずつ少しずつ通彦の大切さを確認してゆくルイーズが実に微笑ましい。ゆるりとした柔らかい読後感です。瀬尾作品の魅力はこの類の読後感と食べ物描写です。今回は随所に登場する通彦の手料理で楽しませてもらいました。
通彦に促されて、私は手を合わせてから、てんぷらに箸を伸ばした。海老やサツマイモ以外にも、菜の花や蕗の薹などの春を待つ野菜が揚げられている。まだまだ寒いけど、もう三月も終わろうとしているのだ。
そして抹茶塩ならぬ昆布茶塩でいただくシーン。うーんおいしそうだよ通彦さん。食べることばかり考えてる私にとってはポイント高いんです(笑)。装画はコイヌマユキさん…かわいいですね。とてもこの本にマッチしてます。読んでみるとやはり癒されるのは瀬尾さんの魅力ですね。
続きを読む >>
2006.05.30 Tuesday | [サ行]瀬尾まいこ | comments(0) | trackbacks(0)
優しい音楽
優しい音楽瀬尾 まいこ

単行本: 194ページ
出版社: 双葉社 (2005/04)
ISBN-10: 4575235202
ISBN-13: 978-4575235203



あっけないほどすぐ終わってしまって少しもったいなかったかなぁ?『優しい音楽』『タイムラグ』『がらくた効果』の3篇。いつもながら瀬尾さんの文体は物語にどんな不測の事態が起ころうともじんわり浸透してゆきますね。
表題作『優しい時間』のタケル君と千波ちゃんペア。
『タイムラグ』の平太と深雪ペア。
『がらくた効果』の章太郎とはな子ペア。
どのカップルの関係も微笑ましくなんだか優しいンです。
続きを読む >>
2005.05.20 Friday | [サ行]瀬尾まいこ | comments(0) | trackbacks(0)
幸福な食卓
幸福な食卓瀬尾 まいこ

単行本: 231ページ
出版社: 講談社 (2004/11/20)
ISBN-10: 4062126737
ISBN-13: 978-4062126731
発売日: 2004/11/20

食卓にいつも置かれるキャベツの四つ切。
母が作る白ネギと醤油の生クリーム蕎麦。
食べることに真剣なのはすごくいい。
シンプルだけど豊かな食卓(理想的である)。
ある日突然とんでもないことが起こったとしても必ず朝がやってきて家族はまた食卓を囲む。
続きを読む >>
2005.04.15 Friday | [サ行]瀬尾まいこ | comments(0) | trackbacks(0)
卵の緒
卵の緒瀬尾 まいこ

単行本: 193ページ
出版社: マガジンハウス (2002/11)
ISBN-10: 4838713886
ISBN-13: 978-4838713882
発売日: 2002/11

表題卵の緒7's bloodの2編。
2編目の7's bloodの方が好きかな。
どっちも息子と同じくらいの少年が登場するので参りました。
2005.03.03 Thursday | [サ行]瀬尾まいこ | comments(0) | trackbacks(0)
天国はまだ遠く
天国はまだ遠く瀬尾 まいこ

単行本: 169ページ
出版社: 新潮社 (2004/6/23)
ISBN-10: 4104686018
ISBN-13: 978-4104686018
発売日: 2004/6/23

まず装丁がイイです。
読み終えるとイラストたちが一段と光を放つ(笑)♪
霜田あゆ美さん…好きです。
2時間足らずで一息に読了(ちょっともったいない気も…)。
時間があるときじっくりと一気に読むことをオススメします。
シンプル&ストレート。
ラブ&ピース。
続きを読む >>
2005.02.17 Thursday | [サ行]瀬尾まいこ | comments(0) | trackbacks(0)
図書館の神様
図書館の神様瀬尾 まいこ

単行本: 165ページ
出版社: マガジンハウス (2003/12/18)
ISBN-10: 4838714467
ISBN-13: 978-4838714469
発売日: 2003/12/18

主人公〈清〉は高校時代の心の傷を背負いながらも心の支えである浅見さんとの不倫に揺れる…なんとも情緒不安定な高校講師。顧問を任された文芸部のたったひとりの訳あり部員〈垣内くん〉と出会い〈清〉は先生として人として成長して行きますが二人の会話がとてもステキ…そして〈垣内くん〉はかなり魅力的でした。そうそうステキな弟も忘れてはいけません。とても静かな感動でした。
2004.02.04 Wednesday | [サ行]瀬尾まいこ | comments(0) | trackbacks(0)