" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
死刑基準
死刑基準加茂 隆康
単行本: 357ページ
出版社: 幻冬舎 (2008/11/26)
ISBN-10: 434401586X
ISBN-13: 978-4344015869
発売日: 2008/11/26



ノンフィクションだと思い込んでた汗
妊娠中の弁護士の妻が惨殺された。逮捕されたのは我が子を殺された過去を持つ男。犯行を一貫して否認するこの男…果たして逆恨みなのか、真犯人が存在するのか。『死刑基準』というタイトルは裁判員制度が始まることも併せて考えられたのかもですね。ストーリーはいわゆるフツーの裁判モノ。弁護士は当初死刑廃止論者でしたが妻を殺害されたことで存置論者になってゆくわけです。当然です…が立場が変われば考え方も変わるということにもなる。
死刑制度は、犯罪者に対する量刑の問題としてではなく、被害者遺族の救済の問題として考えるべきなんです。死刑は、絶対排してはいけません。身内を殺された者にとっては…犯人が死刑にならない限り、殺された者は成仏できない。
という一節がありましたがまさに。償いのために犯罪者の命を絶つのではなく被害者遺族の感情としての存置論であるということ。量刑については結構考えさせられます。ましてやもしも冤罪などということになったらどうなるのか…とか。
展開も早く…まぁ面白かった。スミマセン返却期限1日過ぎてますひやひや
2009.04.03 Friday | [カ行]その他 | - | -
性犯罪被害にあうということ
性犯罪被害にあうということ小林 美佳

単行本: 211ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2008/4/22)
ISBN-10: 4022504218
ISBN-13: 978-4022504210
発売日: 2008/4/22


24歳でレイプ被害にあった女性の手記。自身を露出させてまで読者に訴えたかったことは何なのか…。不幸にして被害にあってしまった彼女の傷ついた心は家族や友人との関係にも大きく大きく影響する。被害者であるのに「罪悪感にも似た後ろめたさ」を抱え苦しみ、同情されることと理解されることの境界に思い悩む。なかでも読んでいて辛かったのは家族との関係。家族だからこそ受ける大きなショック…しかし被害者本人は「二次被害」を家族から受けることが多いという。毎日顔を合わせなければいけない家族は近くにいても遠い存在となってしまった。軽々しく解った風なことは言えないが…憎むべきは犯人である。
2009.01.16 Friday | [カ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
なぜ君は絶望と闘えたのか
なぜ君は絶望と闘えたのか門田 隆将

単行本: 255ページ
出版社: 新潮社 (2008/7/16)
ISBN-10: 4104605026
ISBN-13: 978-4104605026
発売日: 2008/7/16


光市母子殺害事件…最愛の妻と娘を失った本村洋氏が愛と信念で闘いぬいた日々の記録。裁判が終わるたびにひとり記者会見に臨む本村氏の姿が忘れられず、すべてが終わったとき本村氏の心の内を知りたいと思っていたのでこの本は迷わず手に取った。幾度も折れそうになる心を様々な人たちに支えられ、愛を正義を貫き闘いぬいた彼は本当に凛々しかった。平穏に暮らす人々の尊厳はどこにいってしまったのか。ありえない犯罪を犯す少年たちはなぜあんなに守られなければいけないのか。それに加えて過去の判例に縛られた「相場主義」の判決を下す裁判官への不信感も募った。人を裁くということはどういうことなのか。いろんな思いが今も巡ってます。ぜひ読んでほしい。
2008.09.12 Friday | [カ行]その他 | - | -
ビット・トレーダー
ビット・トレーダー樹林 伸

単行本: 405ページ
出版社: 幻冬舎 (2007/10)
ISBN-10: 434401393X
ISBN-13: 978-4344013933
発売日: 2007/10


難しげな株の話から入るので一瞬引きましたが頑張った甲斐がありました。安く買って高く売れば儲かるってことが分かってれば何とかいけます。主人公矢部恭一は電車事故で幼い息子を亡くします。その慰謝料で始めた株にのめり込み彼の生活が一変。大金に翻弄され気づけば妻も娘も心はバラバラに…。家族をほったらかしにしてマネーゲームに興じてたんですから自業自得なんですがやがて彼は自分には守らなければいけないものがあることに改めて気づくんですね。ちょっと出来すぎの感はありますけど読後感はイイです。それにしても秒刻みで一喜一憂するデイ・トレード…まぁ私に資金があるわけじゃなしあったところで絶対無縁なので怖がる必要もないんですけど破滅寸前の恐ろしさを存分に味わいました。面白かった。
2008.02.10 Sunday | [カ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
サクリファイス
サクリファイス近藤 史恵

単行本: 245ページ
出版社: 新潮社 (2007/08)
ISBN-10: 4103052511
ISBN-13: 978-4103052517
発売日: 2007/08


サイクルロードレースに青春をかける若者たちの物語。近藤さんは初読み…サックリ読めましたハイ。サクリファイスとは犠牲。ワタシにとってまったく馴染みのないサイクルロードレース。想像以上の駆け引きが繰り広げられるレースにサクリファイスは避けられないのです。自分の役割を納得しながらも疑念と信頼の間で葛藤する心。自分を犠牲にして人を活かすのか…自分が行くのか…。アシストにみられる美学みたいなものを感じました。バスケでもそうなんですけどアシストというのは非常に重要でありかつ華麗なプレイです。アシストこそが美しいとさえ思ったりします。コレはスポーツ全体に通じるものがあるのかもしれません。面白かった。
2008.01.21 Monday | [カ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
栃木リンチ殺人事件―警察はなぜ動かなかったのか
栃木リンチ殺人事件―警察はなぜ動かなかったのか黒木 昭雄

単行本: 245ページ
出版社: 草思社 (2001/04)
ISBN-10: 4794210523
ISBN-13: 978-4794210524
発売日: 2001/04

「それは運命のいたずらなのだろう。きっかけはどこにでもある。」自分の手を汚さず悪事を繰り返す卑怯な男を主犯とした加害者たちによって大切な命が奪われた。この主犯格の男…警察官の息子だったというから呆れる。ご両親がいち早く正和さんの行動の異変に気づいていたにもかかわらずおかしな警察の対応。そしてちょうど今頃、12月初旬に正和さんは冷たい山中に遺棄された。残酷で凄惨なリンチが約2ヶ月間繰り返された後の絞殺である。その所業は読むに耐えない…ワタシが今さらココで「ヒドすぎる」と騒いだところでどうしようもないが、何のいわれもない無抵抗な正和さんをここまで痛めつける加害者たちの心は到底理解不能。どうしたらこんな人間が出来上がってしまうんだろうと恐ろしくなる。持って生まれたものなのか環境なのか。そして怒りを覚えるのは保身に走る大企業、言いなりの警察、極めつけは加害者たちに殺害を決断させてしまった警察官の不用意な一言。元警察官である作者黒木氏がここまで書ききったのに裁判もそれぞれの処分も納得のいくものではない…ご両親の心中を思うと胸が痛い。お母さまは事件後体調を崩し亡くなられている…正和さんと会えただろうか。
2007.12.06 Thursday | [カ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
瞬河原 れん

単行本: 212ページ
出版社: 幻冬舎 (2007/03)
ISBN-10: 4344012925
ISBN-13: 978-4344012929



同乗していたバイクの事故で彼氏だけが死んでしまったら…。残された泉美の苦悩と再生の物語。一瞬にして奪われた命…あっというまに消えた笑顔。「私だけしか知らない淳ちゃんの最期を知りたい」あの事故現場でいったい何があったのか…。ふたをした自分の記憶を手繰りよせるため、偶然出会った女性弁護士に調査を依頼します。知れば知るほど鮮明になる悲しい記憶。「でも私は生きなくちゃいけない」といよいよ彼に別れを告げる決心をする泉美…切なかったです。恋人に限らず大切な人を失った時、自分はいったいどうすればいいのか不安じゃないですか?周囲の人に助けられながらも結局は自分自身で少しずつ乗り越えていかなければいけないという強さを教わったような気がする作品でした。
2007.06.20 Wednesday | [カ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
オレンジの季節
オレンジの季節鯨 統一郎

単行本: 276ページ
出版社: 角川書店 (2006/08)
ISBN-10: 4048737058
ISBN-13: 978-4048737050



ベビー用品販売会社に勤務する立花薫とその上司戎(えびす)怜華。「薫が専業主夫になる」という条件つきで2人は晴れて結婚することになった。大家族の戎家で薫は慣れない家事を健気にこなし徐々に馴染んでゆきますが…。シンプルな家族物語だなとサクサク読み進めてるうちに鯨統一郎氏の予備知識が全くないことに気付く。本業は保険代理店業だとか。著書をみるとなにやら怪しいタイトルが多い。…でこの「オレンジの季節」。あえて目次はないんだろうと思いますがパラパラっとしたら妙な予感はします。なんですかコレはー。久々のオドロキ小説とだけ言っておきます。あとはご自身で体感してください。
2006.10.13 Friday | [カ行]その他 | comments(2) | trackbacks(0)
14階段ー検証新潟少女9年2ヶ月監禁事件ー
14階段ー検証新潟少女9年2ヶ月監禁事件ー窪田 順生

単行本: 218ページ
出版社: 小学館 (2006/4/1)
ISBN-10: 4093897026
ISBN-13: 978-4093897020



ノンフィクションはほとんど読みません。初めてといってもいいかもしれない。shortさんの記事に触発されました。さまざまな凶悪事件が後を絶たないなか、ことこの前代未聞の事件に関しては発覚当初から驚愕と疑問が頭のなかを渦巻いていたのでタイヘン興味深く読みました。幼い少女を監禁し9年間という長い間自由を奪った男、そして階下に同居しながらそれに気づかなかったという母。「なぜ同じ屋根の下で暮らしていながら9年間も気づかなかったのか」とこの母に詰め寄りたくなるのは誰も同じだろうと思います。著者は母を取材することでこの事件の背景を探ろうとするんですが持病を抱え年老いた母を取材と称して追い詰める様は少々痛々しかったです。だからといって決して許されるものではなく、親として我が子が自立し社会に出てゆくまでの責任は非常に重いわけで…気づくと自分の今までの子育てを振り返ったりしてました。しかし何かがおかしい。どんな理由があろうとも憤りは消えません。
2006.08.04 Friday | [カ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
ボーイス・ビー
ボーイズ・ビー桂 望実

単行本: 223ページ
出版社: 小学館 (2004/03)
ISBN-10: 4093861331
ISBN-13: 978-4093861335


県庁の星を読もうと思っていたところshortさんより「桂さんはボーイズ・ビーがオススメよ」と伺い早速読んでみることに。幼い兄弟がママを亡くした。6年生の隼人はお兄ちゃん。お仕事で忙しいパパを気遣いながらどうしたらママの死を弟に理解させることができるか考える。12歳の心には残酷なくらい重いでしょ…そりゃ。自分だって哀しいはずなのに(泣)。はりつめた心で助けを求めたのは靴職人の頑固ジジイ栄造。人との関わりを極度に嫌う栄造とママを亡くした哀しみを心の奥底にしまいこみ健気に頑張る隼人はやがて心を通わせる。よくある話ではあるけれど実にいい。父親が「お兄ちゃんなんだから」「信頼してるぞ」と隼人に重石を乗せてゆく一方で70の頑固ジイサンが隼人の話を同じ目線で聞いてやる姿に心が温まるのね。よかったね栄造ジイサンに出会えて。パパは忙しいから言いたくても言えないって思ってたことがとうとう堰を切ったようにあふれるシーンは…もう(涙)。こういうのにめっきり弱くなっちゃったな。出来る限り子供の心を察してやらなけりゃと思う母でありました。
2006.06.23 Friday | [カ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)