" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
でっちあげ
でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相福田 ますみ

単行本: 253ページ
出版社: 新潮社 (2007/1/17)
ISBN-10: 4103036710
ISBN-13: 978-4103036715



shortさん
の感想を拝見して即予約…ハァー怒りがおさまらない。2003年全国で初めて「教師によるいじめ」と認定される事件が福岡の小学校で起こった。朝日新聞はこれをスクープ。週刊文春はさらに煽って実名報道までする加熱ぶり。男児両親の訴えは「アメリカ人を曽祖父に持つ息子に対し男性教諭が人種差別ともとれる虐待や暴言を繰り返している。それにより息子が重度のPTSD症状に陥っている。」というもの。この男性教諭を今すぐやめさせてくれとうい勢いで校長室にやってきたわけだけど当の先生は「寝耳に水」…いったいこの両親は誰のことをいってるのかと思ったという。こんな言いがかりかもしれない話を調査もなく受け入れる学校、そして安易な「謝罪」で「ここはひとつ穏便…」にという体質が事態を悪化させた。だいたいこの両親、先生に何の恨みがあったのか。これによって男性教諭は担任をはずされ停職6ヶ月、その後裁判に発展。ホントにこんなことが現実に起こっているのかとまぁ呆れる。元凶はもちろん件の両親だけどのこんな虚言に振り回されるマスコミ・大弁護士団・医師・学校関係者・市教委。お粗末としか言いようがないでしょう。事情をイチバン把握している同クラス保護者も関わりたくないとなかなか証言してはくれない現実。これもまた悲しく感じる。溺愛する息子の言い分を鵜呑みにし常軌を逸脱した行動をとる両親は現実と妄想が交錯してるんだろうか。「騒いだもん勝ち」なんて思わせないようしっかり審判してほしい。
続きを読む >>
2007.07.30 Monday | [ハ行]その他 | comments(2) | trackbacks(0)
いなかのせんきょ
いなかのせんきょ藤谷 治

単行本: 283ページ
出版社: 祥伝社 (2005/12)
ISBN-10: 4396632568
ISBN-13: 978-4396632564



気になってた藤谷さんしんちゃんのオススメでまずはいなかのせんきょを読んでみました。朴訥とした挿画にひらがなのタイトルが映えますね。講談テイストの語り口調と方言丸出しの会話…そして全17章の個性的なタイトル。作者のこのセンスがステキです。戸蔭村の村長選を戦うのは、マジメ一本正しい選挙を貫く深沢清春候補。相対する平山陣営はというと候補者そっちのけでなんでもアリのお祭り選挙。さて開票結果はいかにィ〜ベベンベンベンベン!
「それが選挙ちうもんなんださ。わやなもんだ。お祭りみたいなもんさ。みーんな頭に血が昇って、喜怒哀楽が極端になってしまうんさ。人前でスピーカー持って、大声で同じこと何べんもがなるなんて、常日頃の神経ではとてもできたもんじゃねえ。それが選挙になると平気でできるようになる。おっかねいもんだ。なーんにも見えなくなっちまうことだってある。候補者当人ばかりでねいよ。周りの人間は、たいがい巻き込まれちまう。」
そうそうそうなんさ(笑)。田舎の選挙も都会の選挙も大差ありませんよ。たとえば選挙違反なんかもね「お金を配っちゃいけません」という類の選挙違反の王道から「えーそうだったの?」と思うようなことまで…。まぁとにかく選挙は親類縁者みんなを巻き込む大騒動…タイヘンなのです。清春陣営のようにお金をかけずに人の心を動かすことのできる選挙が各地で繰り広げられたら日本は変わるんでしょうね。夢のまた夢。人情あふれる選挙戦をどうぞ楽しんでください。
2007.06.18 Monday | [ハ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
しゃばけ
しゃばけ畠中 恵

文庫: 342ページ
出版社: 新潮社 (2004/03)
ISBN-10: 410146121X
ISBN-13: 978-4101461212


初の妖モノ。時代モノが苦手なうえ、妖怪関係に全く興味なし…なのでどこへ行っても評判のよい『しゃばけ』ですが正直「読みたい本リスト」には入れてませんでした。先日20年来の友人と久々にランチをしたとき強くすすめられ図書館へ。妖といえば「ゲゲゲの鬼太郎」しか思い浮かない貧しい脳みそで大江戸物語に足を踏み入れましたがこんな私も難なくさらっと読めました。柴田ゆうさんのおちゃめな装画がキャラ立てにひと役買っているのが公式サイトへゆくとよく分かります。あの鳴家たちの可愛らしい姿をぜひ見てください。ま…いまさらあらすじでもないとは思いますが一応。廻船問屋の若だんな一太郎は臥せってばかりの虚弱体質。両親をはじめなぜかいつもそばにいる妖たちに大事に大事に育てられます。体は弱くても心には一本筋が通ってらっしゃる若だんな。次々に起こる殺人事件にあれやこれやと思いを巡らせます。優しく健気な若だんなとしっかりモノの妖たちの軽妙な会話がなんとも微笑ましい。いつも感謝を忘れない若だんなはとてもステキな青年でした。
2006.10.16 Monday | [ハ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
チェケラッチョ!!
チェケラッチョ!!秦 建日子

単行本: 188ページ
出版社: 講談社 (2006/02)
ISBN-10: 4062133059
ISBN-13: 978-4062133050



息子がTVで映画のCMを観て「これ面白そーだなぁ」と言ったもので原作を読まそうと借りてきた…ものの2時間で読了。「面白かった?」と聞くと「うん…」と多くを語らない。
面白くないわけないのだ…一気読みしてたんだから。読んでみてわかりましたよ。キスだのセックスだのというワードがワンサカ登場するもんで手放しに「面白かったよ」と言うには照れがあったんでしょ(笑)。沖縄を舞台にした非常にわかりやすい青春ラブストーリー。ひょんなことからラップを始める高校3年生男子3人組。そしてそれを見守る女子…唯。微笑ましいの…カワイイんですよ。これは音楽ネタってこともあって映画の方が面白いかもですね。映画のキャストを思わずチェックしちゃいました。ラップでラブでライブでピース。オレンジレンジで魅力倍増だろうな。
2006.05.11 Thursday | [ハ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
果てしなき渇き
果てしなき渇き深町 秋生

単行本: 413ページ
出版社: 宝島社 (2005/1/27)
ISBN-10: 4796644601
ISBN-13: 978-4796644600



このミステリーがすごい!の第3回大賞受賞作なので手にとってみましたけど…重いって言うか痛いって言うか破滅型の悲劇ですね。最近こういうの読んでなかったのでかなりドンヨリしてます(-_-;)。コンビニで起こった殺人に出くわしてしまった元警察官が直後に娘・加奈子の失踪を知り探し始める。知れば知るほど娘が分からなくい…父の心の闇は深まり,そして壊れてゆく。中学時代,加奈子を信じ愛した男子の視点からの物語と交互に進行しますが少年の深く暗い心の影は計り知れない悲しみに満ちていました。
続きを読む >>
2005.05.22 Sunday | [ハ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
閉鎖病棟
閉鎖病棟帚木 蓬生

文庫: 361ページ
出版社: 新潮社 (1997/05)
ISBN-10: 4101288070
ISBN-13: 978-4101288079
発売日: 1997/05

初の帚木作品です!
勝手に想像していたストーリーとまったくの別ものでした。
この四王子病院にはいろんな過去を持った患者さんたちが入院してます。
毎日過ごす優しい時間から一転、殺人事件が起こるのですが…。
2005.02.16 Wednesday | [ハ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
川の深さは
川の深さは福井 晴敏

単行本: 329ページ
出版社: 講談社 (2000/09)
ISBN-10: 4062102846
ISBN-13: 978-4062102841
発売日: 2000/09

『亡国のイージス』にたどり着くべく福井さんの処女作読了。
どちらかというと物語の設定はあまり得意分野ではなかったのですが…人と人とのかかわり方がとても魅力的に描かれているなぁと思いましたね〜。
このまま『Twelve Y.O.』へ突入の予定でしたが予想以上にハードなラストでひと休みすることに…。
2005.01.26 Wednesday | [ハ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
蝉しぐれ
蝉しぐれ藤沢 周平

文庫: 470ページ
出版社: 文芸春秋 (1991/07)
ISBN-10: 416719225X
ISBN-13: 978-4167192259
発売日: 1991/07

牧文四郎が幼馴染とともに頼もしく成長してゆく姿はとても気持ちがイイ。お福との心の通い合いも微妙で歯がゆささえ感じるけれどラストの再会シーンは切なく胸に迫るものが…。慎ましやかなあの時代の女性も意外に大胆行動に出たりするんだなぁ〜という親近感も。ちょっと手こずったけど読んでよかった♪
2003.09.06 Saturday | [ハ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)
MOMENT
MOMENT本多 孝好

単行本: 317ページ
出版社: 集英社 (2002/08)
ISBN-10: 4087746046
ISBN-13: 978-4087746044
発売日: 2002/08

死を目前にした人の前にだけに現れてひとつだけ願いを叶えてくれる…連鎖短編4篇。ひとりひとりの病状を考えると重くなってしまいがちなストーリー…なのになぜかフワァ〜っとした感じ。幼なじみの森野との関係もエッセンスになっている。私だったら死の直前…どんな願いごとをするだろう。
2002.10.29 Tuesday | [ハ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0)