" width="713" height="135" alt="ほんさえあれば" />

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.14 Wednesday | - | - | -
ありふれた魔法
ありふれた魔法盛田 隆二

単行本: 293ページ
出版社: 光文社 (2006/9/21)
ISBN-10: 4334925170
ISBN-13: 978-4334925178



タイトルに惹かれたけど…心情としては好意的に読めないよなぁ〜。妻と子供3人の5人家族…44歳働き盛りの銀行マンがひとまわりも年の違う部下に恋心を抱く。社内不倫だからパターンとしては基本形…「ありふれた」話なのかもしれないけど。妻への罪悪感を深く感じ子供たちへの愛もある…社会的地位も考えるが若い女の子も離したくない。欲張りすぎだよお父さん。不倫を夢見るサラリーマンさんどうぞ…ウットリしたりビビッたりしてください。
続きを読む >>
2006.12.06 Wednesday | [マ行]盛田隆二 | comments(0) | trackbacks(0)
夜の果てまで
夜の果てまで盛田 隆二

文庫
出版社: 角川書店 (2004/02)
ISBN-10: 4043743017
ISBN-13: 978-4043743018
発売日: 2004/02

我が家唯一のサイン本夜の果てまでを読了。「いいの?それで…」とふたりに問いかけながら読み続ける…。転落恋愛物語をたっぷり味わってください。夫が妻の「失踪宣告申立書」を提出するところから物語が始まる…そこに至るまでのひたむきな恋愛物語。「子供の家庭教師と恋に落ちる母」という古典的な不倫物語と思いきやあまりにも純粋な2人は「このまま貫くのもありじゃない?」と思わせる。反面「それでいいの?」と問いかけながら気持ちがザワつき続けた。切なかったのは結局ふたりを見守り続けることになる息子正太。これからの人生がとても気がかり…幸せになって欲しい。なれるきっと。
2005.01.15 Saturday | [マ行]盛田隆二 | comments(0) | trackbacks(0)
サウダージ
サウダージ盛田 隆二

文庫: 203ページ
出版社: 角川書店 (2004/09)
ISBN-10: 4043743025
ISBN-13: 978-4043743025
発売日: 2004/09

夏の終わりの八日間の物語。《サウダージ》とは「失われたものを懐かしむ,さみしい,やるせない想い」。登場人物はみんなそれぞれの《サウダージ》を抱えている。どうとらえていいやら…ちょっと異色。主人公の「自分のルーツ」に対するこだわりも垣間見え「ストリートチルドレン」を思い出す。主人公が自分の今の気分を表すようにシチュエーションに合わせ音楽を選ぶ場面が数箇所ある。これは音楽音痴の私にはとても残念。詳しい方は数倍楽しめることでしょう。
2004.10.04 Monday | [マ行]盛田隆二 | comments(0) | trackbacks(0)
ストリート・チルドレン
ストリート・チルドレン (新風舎文庫)盛田 隆二

文庫: 286ページ
出版社: 新風舎 (2003/10)
ISBN-10: 4797490748
ISBN-13: 978-4797490749
発売日: 2003/10

某チャットでラッキーにもご本人と遭遇したのですが失礼なことに1冊も手にしたことがなく…いい機会だったので急いでデビュー作を♪まずこんな物語は読んだことない!1699年19歳の青年が下諏訪からわけあって今の新宿にやってきてから300年…13代にわたって受け継がれてゆく血筋。まず紙と鉛筆を用意し間を空けず一気読みすることをオススメします。
2004.04.11 Sunday | [マ行]盛田隆二 | comments(0) | trackbacks(0)